歩き遍路用のバックパックの選び方|背中が蒸れないオススメモデル4選

遍路用バックパックの選び方

遍路で使用するバックパックの選び方やオススメモデル、購入方法、実際に私が遍路で使用した感想、背負い方等について解説します。

スポンサーリンク

バックパック選びに重要な5つのポイント

①信頼と実績のあるアウトドアメーカーのものを選ぶ

タウンユースのものではなく、アウトドアユースのバックパックを選んだ方が無難です。

そして遍路中に壊れたりするトラブルを防ぐことや、使い勝手の良さ等を考えると、信頼と実績のある有名アウトドアメーカーのものから選択することをオススメします。

私

ちなみに実際に遍路中バックパックが壊れてしまったという方もいました。

具体的には、ドイター、グレゴリー、オスプレー、マックパック、モンベル、マムート、ノースフェイス、アークテリクス、ブラックダイヤモンド、カリマー、ホグロフス、グラナイトギア、ミレー、バーグハウス、ロウアルパイン、タトンカ等のメーカーから選べば間違いないです。

②ヒップベルト(ウエストベルト)のついているものを選ぶ

バックパックのヒップベルト

は小容量のバックパックについている簡素なウエストベルトで、は中容量以上のバックパックに備わっているパットのついたヒップベルトです。

この2つは一見同じようなものに見えますが、使用用途が異なります。

背面長の違い
私

『ショルダーストラップ』(肩)から『ウエストベルト』(腰)の位置までの長さの違いがわかるでしょうか?

①の簡素なウエストベルトは、荷を積んだバックパックが上下左右に揺れるのを防ぐための用途のものです。こちらは腰のくびれの部分に装着します。

②のパッドがついているヒップベルトは、肩だけでなく腰でも担ぐことにより、荷重を分散させる用途のものです。こちらは腰骨に載せる感じで装着します。

遍路は長期間にも及ぶものなので①のような肩だけに荷重がかかるバックパックでは、肩に痛みを抱えながら遍路をするはめになる可能性が高くなります。

そのため、腰に荷重を分散させることで肩の負担や痛みを軽減できる②のようなパットタイプのヒップベルトの備わっているバックパックを選ぶことをオススメします。

なお腰で担ぐ用途のヒップベルトが付いているもので、一番小さな容量のバックパックは24ℓのものになります。

③蒸れない背面システムのものを選ぶ

背面システム
オスプレーの背面システム『airspeed』

遍路は山のような高所ではなくほとんどが平地、そして一日中歩き回るため、かなり汗をかきます。

普通のバックパックでは、背中に熱を帯び、汗で蒸れるためかなり不快な思いをすることになります。そのため背面に空間が保たれ、通気性の良い機能が備わったバックパックを選びましょう

私

基本的に真冬に遍路をするという方以外は、この機能が搭載されたものを選んだ方が無難。汗による悪臭の防止にも効果的です。

なおこのような背面に空間のあるシステムを採用しているメーカーは、現状ドイター・グレゴリー・オスプレー・マムートの4社のみとなります。

もし手持ちのバックパックを使用したいという方や、上記4つ以外メーカーの製品を使いたいという方の場合は、以下のようなアイテムを装着することをオススメします。

④必要な容量のものを選ぶ

バックパックの容量
バックパックの容量の目安

容量の大まかな目安は以下。

タイプ容量の目安荷物量の目安増えるもの
 宿泊メイン 20〜26ℓ 5kg以下 
 野宿メイン 26〜32ℓ 8.5kg程度寝袋、マットレス、蚊取り線香、
汗拭きシート、着替え等 
 野宿+自炊 32〜38ℓ 10kg程度バーナー、クッカー、食材等 

遍路の場合、荷物が増える=足腰の負担が増し、疲労に即直結するので、必要最低限のものだけ持っていいきましょう。下手に大きなサイズのバックパックを選んでしまうと、あれもこれもと詰めこめるため、予想以上に荷物が多くなってしまうことも。

またバックパックにスペースがあると、歩いている際にバックパックの中で荷物が揺れてしまいます。

もし容量で迷ったら小さな方を選びましょう。

私

私の場合、26ℓのものを選びましたが、ノートパソコンを積んでもまだ余裕がありました。

⑤パネルローディング or トップローディング

トップローディングとパネルローディング

バックパックの取り出し口のタイプは、主に2パターンあります。

基本的には同じメーカー・モデルのバックパックでも、『トップローディング』『パネルローディング』のどちらのタイプも販売されています。

トップローディング(雨蓋タイプ)

『積載能力が高い』

トップローディングは、主にアウトドアユースのものに使用されることが多い。

単純にザックの容量が増える。ポケットが付いていたり、雨蓋に物を挟むこともできる上、雨蓋の上にも荷物を積むことも可能なので、積載能力が高い。その反面、荷物の出し入れがやや面倒臭い。なおパネルローディングのものより元々容量が多い。

パネルローディング(ジッパータイプ)

『荷物の出し入れが容易』

パネルローディングは、主にタウンユースのものに使用されることが多い。

積載能力が低い反面、荷物の出し入れが容易。またジッパーには南京錠をつけることも可能なので、防犯性も高い。ただしジッパーが噛んだり、壊れた場合にはどうにもならない。またしっかり閉めておかないと動いてるうちに開いてしまうこともまれにある。なおトップローディングのものより元々容量が少ない。

私

これに関しては荷物の量や機能性を重視しても良いですが、単純にデザインや好みで選んでも問題ないと思います。

バックパックの高さ

ちなみに雨蓋タイプは、荷物をぎっちり詰めた場合、構造上肩より高くなります。

もし雨蓋タイプで菅笠を使用するのであれば、上蓋部分に荷物を詰めすぎないよう注意が必要。バックパック上部が笠に干渉してしまいます。

なおジッパータイプの場合は、肩より高くはならないため、特に気にする必要はありません。

私がオスプレー『ストラトス 26』を選んだ理由

ストラトス26
オスプレー ストラトス26

私の場合は、単純に消去法でバックパックを選びました。

当時『腰で担ぐヒップベルト』『蒸れない背面システム』が備わったバックパックで『最小容量』のものは、ドイター『フューチュラ』オスプレー『ストラトス』の2つ。

24ℓ(ジッパータイプ)か、26ℓ(雨蓋タイプ)に関しては、私は雨蓋タイプの方がデザインが好みなので26ℓのものを選択。

そして当時のドイターのデザイン・カラーリングはイマイチだったので、オスプレーを選択・・・したのですが、ストラトス26のNEWモデルは黄緑の差し色が気に入らなかったため、あえて型落ちモデル(ブラック×グレー)をアマゾンで購入しました。

歩き遍路で実際に使用した感想

オスプレーストラトス

『蒸れない背面システム』『ヒップベルト』は特に重宝しました。この2つの機能は遍路のような長旅には欠かせません。必要不可欠な機能と言っても過言ではないと思います。

私

毎日汗をかいていましたが、背面の通気性が良いため快適でした。そしてバックパックが臭くなることもありませんでした。

実は背負い心地に関しては、NEWモデルの方が腰回りの部分がシームレスになっていてフィット感が良い(改善されていた)ことに加え、クッション自体の厚みも増していたのですが、旧モデルでも実際に遍路で使ってみた所、特に問題はありませんでした。

私

ただし新モデルは、旧モデルに比べ、必ず何かしらの機能がアップデート(改善)されているので、よほどデザインやカラーが気に入らない等の理由がない限りは、最新のモデルを選ぶことをオススメします。

歩き遍路にオススメのバックパック4選

❶ドイター(フューチュラ・SL)

重量1.4kg(26ℓ)
サイズ1サイズのみ
背面長調整機能ロードリフトストラップ等で対応
容量(ℓ)
雨蓋タイプ(26243028
ジッパータイプ(23212725
ハイドレーション
システム
装着可能
ザックカバー付属(緑)

(メーカー)
ドイツ
現行モデル2021年にモデルチェンジ

サイズはワンサイズのみで、背面長は調整できません。

そのため身長が170cm前後の方は良いと思いますが、160や180cm前後の方は、ショルダーハーネスやロードリフトストラップの調整で対応する感じになります。(ただしショルダーハーネスの付け根部分に可動域があったり、通常より下の位置に付いているようです)

男性用は『フューチュラ』

※ 2021年モデルからジッパータイプの容量が、24→23ℓに変更されました。

女性用は『フューチュラSL』

※ 2021年モデルからジッパータイプの容量が、22→21ℓに変更されました。

● 参考動画

❷グレゴリー(ズール・ジェイド)

重量1.21kg(30ℓ M/Lサイズ)
サイズ
(背面長)
『S/M』 『 M/L』の2サイズ
背面長調整機能🙆‍♂️有り(マジックテープ)
容量
雨蓋タイプ(3533
ジッパータイプ(3028
ハイドレーション
システム
装着可能
ザックカバー付属(青)

(メーカー)
アメリカ
現行モデル2019年にモデルチェンジ

サイズは、背面長38〜46cmの『S/M』、背面長46〜56cmの『M/L』の2サイズある上、マジックテープ式の背面長調整機能も備わっています。

なお『S/M』だと『M/L』サイズに比べ、2ℓ容量が減ります。

例えば、ズール30の『S/M』モデルの場合、30という名前ではありますが容量は28ℓとなります。

男性用は『ズール』

女性用は『ジェイド』

● 参考動画

❸オスプレー(ストラトス・シラス)

重量1.27kg(26ℓ)
サイズ
(背面長)
1サイズのみ
背面調節機能🙆‍♂️有り(マジックテープ)
容量
雨蓋タイプ(26263636
ジッパータイプ(24243434
ハイドレーション
システム
装着可能
ザックカバー付属(黄緑色)

(メーカー)
アメリカ
現行モデル2017年にモデルチェンジ

このモデルは、以前『S/M』と『M/L』の2サイズ展開だったのですが、現行モデルからマジックテープ式の背面長調節機能が備わったため、1サイズのみになりました。

なおオスプレー製品は、トレッキングポールをくくりつける位置が上記2つのものとは異なります。

オスプレー独自のシステム『ストウオンザゴー』は、荷物を下ろさずにポールを着脱することが可能。これはオスプレー製品のみの機能なので、おそらく特許を取っているのだと思われます。

伸縮タイプのトレッキングポールを使用したい方にお勧めです。

※ このモデルはもう各販売店の在庫のみで、廃盤になってしまった可能性が高いです。オスプレー製品の日本の輸入販売代理店であるロストアローでも、このモデルは在庫なしとなっていました。

男性用は『ストラトス』

女性用は『シラス』

● 参考動画

❹マムート(デュカン)

重量910g(24ℓサイズ)
サイズ
(背面長)
1サイズ
背面長調整機能なし
容量
雨蓋タイプのみ(24243030
ハイドレーション
システム
装着可能
ザックカバー付属(オレンジ)

(メーカー)
スイス
現行モデル2020年

なんと重量は驚きの1kg以下。超軽量なのが大きな特徴です。

またショルダーハーネスにポケットが付いているので、スマホ等を収納することができます。かなり伸縮するポケットなのでドリンクを入れることも可能です。

なおヒップベルトのサイドポケットは左側のみ。右側はポケットではなくトレッキングポールをくくりつけるドローコードが備わっています。

ただしコンパクトに収まるZタイプ(折りたたみ式)のトレッキングポールのみとなります。

男性用『デュカン』

女性用『デュカン』

※ なお女性用は胸の膨らみの都合上、ショルダーストラップにポケットは付属していません。

● 参考動画

私

4つのモデルとも必要な機能は備わっているので、デザインやカラー等の見た目の好みで選ぶのがベストだと思います。

バックパックの購入方法(実店舗での試着は必要?)

実際に現物を背負ってみて選んだほうが良いかどうか気になっている方も多いと思いますが、これに関しては正直どっちでも良いと思います。

正直なところ、『ちょっと背負ったくらいでは使い心地の差があまり分からない』ということと、遍路で毎日使うとはいえど『荷が10kg以下のモデルなのでそこまでシビアにならなくても大丈夫』という理由からです。

実際に私も購入前に、先ほど紹介したドイター・オスプレー・グレゴリーの3つのモデルを背負ったのですが、多少の違いはあれどよく分からなかったです。紹介した4つのメーカーなら背負い心地・機能・使いやすさに関してそこまでの差はないように思います。

そのため結局の所、好みの見た目、デザイン、カラーで選ぶ感じになると思います。

アマゾンで購入する場合、アマゾンプライム会員の方は『アマゾンプライムワードローブ』という7日間自宅で試着ができるサービスが利用できるのでそういったものを活用し、比較した上で選ぶのも良いかもしれませんね。

バックパックの背負い方について

❶ヒップベルト

まずヒップベルトの位置を決めます。おおよその位置は腰骨に載せる感じといったら良いでしょうか。

その後、体にフィットするようベルトの長さを調整します。

❷ショルダーハーネス

次はショルダーハーネスの調整です。

体にフィットするようぐぐぐーっと後ろに引っ張っていきます。この時、絞り上げすぎてヒップベルトの高さが変わってしまわないよう注意が必要です。また左右のバランスにも気をつけましょう。

❸チェストストラップ

次はチェストストラップです。

これでショルダーハーネスの肩の位置を調整しつつ、バックパックを体にフィットさせます。

※なおチェストストラップの取り付け位置は、数十センチ上下に移動可能です。

❹ロードリフトストラップ

次はロードリフトストラップを引っ張り、バックパックを体に密着させます。

最後に全体の微調整をして完成です。

なお荷の重さや量によりベストなフィッティング位置はその都度変わるので、定期的にこの作業をやったほうが良いです。

私

正直な所、バックパックのフィッティングについては、遍路宿のご主人や女将に聞けば大抵教えてくれるので、とりあえず背負って四国にさえいけば問題ありません。

まとめ

『信頼と実績のある有名アウトドアメーカー』のものを選ぶ。

『背中が蒸れないシステムのものを選ぶ。

『腰でも担げるヒップベルト』のものを選ぶ。

サイズに悩んだら小さい方を選ぶ。

バックパック選びに関しては、基本的にはこの4つさえ押さえておけばOKです。

私

バックパックは遍路が終わった後も使用可能です。

24ℓ〜26ℓのバックパックは、日帰り登山や山小屋1泊。なお普通の旅行の場合だと1〜3泊くらいなら対応できます。

タイトルとURLをコピーしました