お遍路の服装|ズボン・パンツの選び方について

遍路のズボン

歩き遍路に適したパンツを4種類ご紹介します。

スポンサーリンク

遍路用途でのおすすめパンツ4選

❶白装束

全身白でキメたい!という方は巡礼用の白いパンツになります。ただし屋内野外問わず色んな所に座るため、お尻が汚れやすい所がデメリットです。正直お尻に限った話ではなく全体的に汚れやすいので、特にこだわりのある方以外にはあまりおすすめはしません。

近年だとジャージ素材が主流のようですがダボっとしているので、案外祭り用の股引の方が裾がばたつかず歩きやすそうだと個人的には思います。

ジャージ素材のものは、ポリエステル100%

祭り用股引の場合、主な素材は綿。そして伸縮性を持たせるため、ウレタンが数%入っています。

❷短パン

バスケ、サッカー、テニス等スポーツのユニフォームは基本短パン。特に競歩やマラソンなど陸上競技に特化したユニフォームは5インチほどの短いパンツとなります。

足の動きを妨げず、且つ通気性も良いことが理由でしょう。

ニューバランスのジョギングパンツ
私

というわけで、私はジョギングパンツ(短パン)を選択しました。

膝が出る程度の丈だと歩いていても若干裾のばたつきが気になるので、個人的には太腿の中間の丈がオススメです。

なお短パンの場合、すね毛等の見た目の問題もあり、基本的にはサポートタイツとセットで使用することになると思います。なお年配の方でも短パン+サポートタイツを使用している方は数人見かけました。が、やはり若干抵抗があるのか皆膝上丈の短パンを履いていらっしゃいましたね。

ランニングパンツの素材は、基本ポリエステル100%です。

パタゴニア バギーズショーツ 5インチ
パタゴニア バギーズショーツ 5インチ

実は私の場合、元々パタゴニアのバギーズショーツを購入する予定だったのですが、秋だったので売り切れていて買えませんでした。

バギーズショーツは、毎年春頃に発売→夏の終わりには売り切れ。

バギーズショーツのサポーター
内部のサポーターをズンドコベロンチョした状態

内部にはサポーターもついていて水着にもなります。ランニングやアウトドア用途、水着、普段着としても使える汎用性の高いショーツなので、水着を持ってないという方はバギーズショーツが個人的にオススメです。

素材は丈夫なナイロン100%。撥水加工あり。カラーバリエーションも豊富です。

※ なおパタゴニア製品はものにもよりますが、バギーズショーツに関してはもろUSサイズなので、ワンサイズ小さいものを選んでください

❸トレッキングパンツ

いわゆる登山用途のパンツです。60才以上の年配の方などは登山を趣味にされていることも多く、こちらのパンツを履いている方が非常に多かったです。

CW-Xのサポートタイツと併用している方も割といました。そもそも遍路のために購入したというよりも、元々トレッキングパンツを持っている方が多いのだと思います(タイツも含め)。

なお遍路は山のような高所より、平地の方が圧倒的に多いので春や秋でも出来れば夏用トレッキングパンツの方が良いかと思います。ただし今後登山でも使用したいというのであれば春秋用でも良いのではないでしょうか。ちょっと暑いとは思いますけど。

トレッキングパンツの素材は、主にナイロン。伸縮性を持たせるため、ウレタンが数%入っています。また撥水加工がしてあるものが多いです。

夏用

春秋用(太腿部分にベンチレーションシステム内臓)

❹トレーニングパンツ

いわゆるジャージですね。出来ればストレート形状のものではなく、テーパード形状(スリムフィットタイプ)が良いでしょう。特にサッカー用途のジャージは裾が細くピタっとしているのでオススメです。

ただ近年のジャージのトレンドは細身なので、メーカーやスポーツタイプを問わず、裾がばたつきにくい形状になっていると思います。

ジャージの素材はポリエステル100%

個人的には、パンツだけでなく、遍路の服装はトラックスーツ(ジャージ上下のこと)で問題ないんじゃないかな〜と思います。通気性も良いですし。

実際の歩きお遍路さんはどんなパンツを履いてるの?

私

私が実際に見た歩き遍路のパンツは大体こんな感じです。

パンツの種類比率
白装束
短パン
トレッキングパンツ
トレーニングパンツ
その他

年配の方が多いのでトレッキングパンツが圧倒的に多かったです。

その他はジーンズなのですが、履いていた方は20代の若い方や十回以上回っているベテランの方だったので、遍路初心者にはそういったパンツはお勧めできません。丈夫ではありますが、洗濯後乾きにくいですし、重く、汗をかいた際に不快に感じるからです。

やはり遍路では化繊のパンツをお勧めします。

終わりに

運動に適したパンツをあなたが持っていれば、それをそのまま履いていけばOK。

もし無い場合は紹介したパンツの中で、遍路が終わった後でも使用する用途のパンツを購入するのが良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました