【四国への行き方】交通手段と所要時間・料金について徹底解説

近隣の県にお住いの方は、車、もしくは電車が主な交通手段になりますが、遠方にお住いの場合、案外分からない・・・というか、分かりづらいと思われる方が多いと思います。

まずはおおまかに把握するため、東京から徳島への❹つの交通手段・時間・料金等をまとめた以下の表をご覧ください。

時間料金予約最短予約可能日
❶新幹線
(+電車)
8時間19200円〜しなくても可当日
❷フェリー19時間12570円〜しなくても可当日
❸夜行バス8時間5900円〜必須当日
❹飛行機1時間15分8990円〜基本必須当日

お判りいただけましたか?そうです。四国ってやや行きにくい所なのです。

そこで各地域から四国への行き方を交通手段別に分かりやすく解説していきます。

 
スポンサーリンク

四国の4大都市と3つの陸路について

まずはじめに四国の地理の概要をざっくりと説明します。

四国の4大都市は、高松(香川県)、徳島(徳島県)、高知(高知県)、松山(愛媛県)。

この4つの県すべてに空港があります。

陸路は、『広島〜愛媛』間、『岡山〜香川』間、『兵庫〜徳島』間の3本。

鉄道は、『岡山〜香川』間のみとなります。

四国行きへの交通機関4選

❶新幹線、❷フェリー、❸夜行・高速バス、❹飛行機の4択となります。

私

では順番に解説いたします。

❶新幹線

最初にパッと思いつくのは新幹線という方は多いのではないでしょうか。しかし四国は新幹線が走っていないため、電車・バス・フェリーへの乗り継ぎが必須となります。

新幹線の所要時間と料金の目安

四国行きの新幹線の所要時間

新幹線はやはりそこそこ早いですね。

経路料金(自由席)
新函館北斗 → 東京23430円〜
東京 → 岡山16600円〜
博多 → 新大阪14480円〜
鹿児島中央 → 博多10110円〜

そのため、料金もやや高めとなります。

そして新幹線の後は、電車・フェリー・バスのどれかに乗り換える必要があるため、時間、料金共にもう少しかかってしまいます。詳細は以下。

下車駅交通手段所要時間料金
新神戸高速バス約2時間半(徳島まで)約3000円
新大阪高速バス約3時間(徳島まで)約3000円
岡山電車約55分(高松まで)
約3時間半(徳島まで)
約2時間30分(高知まで特急)
1550円
2900円〜
5540円〜
広島高速フェリー約1時間10分(松山まで)6980円〜

『高松』『松山』『徳島』へ向かう方なら新幹線は比較的有りだとは思いますが、『高知』だとかなり厳しいでしょう。そもそもお住まいの地域によっては、新幹線より電車、バス、フェリーがメインの移動手段になってしまうというケースもありえます。

もし仮に新幹線で東京から岡山、岡山から徳島へ電車を乗り継いで行った場合、以下のような結果となります。

時間料金
新幹線約3時間10分16300円(自由席)
電車約3時間30分(一度乗り換えあり)2900円〜
合計6時間40分19200円〜
私

新幹線→電車、電車→電車と乗り換えが2回、所要時間は乗り換え時間と待ち時間を含めると約8時間で、料金は約2万弱〜となります。

ちなみに『岡山駅〜徳島駅』間は、乗り換えいらずの特急もありますが、本数は朝、夜の1日2本のみ。約2時間10分。料金は4770円〜。

お住いの地域からのオススメ度

地域ごとの新幹線での移動による評価・解説をして行きます。

北海道

×:函館新北斗駅から行けるとはいえど、北海道のほとんどの地域からはいけません。また時間もかかりすぎるため、おすすめできません。

東北地方

△:一応行けるとはいえど、あまりにも時間がかかるため、おすすめできません。

関東地方

◯:一応、行けます。目的地によってはやや厳しい印象ですが・・・。

中部地方

◯:行けます。新潟の場合は少々厳しいですが・・・。

近畿地方

◯:行けます。おそらく大阪の方は利用しないでしょうが・・・。近畿地方は、米原〜相生の7駅なので、おそらく数駅程度の利用だと思います。

中国地方

◯:行けます。四国に近いため、メインの移動手段ではないとは思いますが・・・。

九州地方

◯:行けます。

沖縄

×:利用できません。

新幹線はこんな方にオススメ!

・予約しなくても乗れる

・輪行が可能

・乗り継ぎが必須

・料金はやや高め

新幹線は基本予約をしなくても乗れるので、急遽四国に行くことになったという方や、自転車旅行(輪行)の方にオススメの交通手段です。

新幹線の予約方法

● えきねっと

JRの予約サイト。緑の窓口の端末から発券できます。クレジットカード払いのみ(なお駅の端末から切符を発行する際にもクレジットカードが必要)。

● KiPuRu

新幹線の予約サイト。切符を自宅に郵送してくれるので、窓口で並ぶことなく、切符が購入できます。こちらはコンビニ払いも可能。

私

新幹線の場合、切符購入やトイレの時間(車内にあるとはいえど)も考えると、発車時間の20分前には駅に到着した方がよさそうです。余裕を持って行きたい方は30分前くらいでしょうか。

❷船(フェリー)

あまり一般的な交通手段とは言ませんが、四国へは船で行くことも可能です。ただし一部の地域限定となります。

船は、長距離フェリー・短距離フェリー・高速フェリーがあります。

フェリーの所要時間と料金の目安

四国行きのフェリーの所要時間

四国への長距離フェリーは、福岡県(新門司港)と東京都(東京港)のみ。

東京からの場合、夜19:30に出発し、徳島に着くのは昼過ぎの14:20となります。とにかく時間がかかるため、船は一番遅い交通手段となります。

出発地料金(二等洋室)
東京(東京港)(人のみ)12570円〜
(自転車・バイク込み)15520円〜
(自動車込み)21630円〜
福岡(新門司港)(人のみ)9520円〜
(自転車・バイク込み)11940円〜
(自動車込み)17270円〜

時間はかかりますが、直通便です。また新幹線に比べると料金は安いですね。

私

船の場合は、自転車や、バイク、車を積み込むことも可能。これが船の最大のメリットです。

お住いの地域からのオススメ度

北海道

×:ありません。

東北地方

×:ありません。

関東地方

◯:東京港から長距離フェリー有り

中部地方

×:ありません。

近畿地方

△:『大阪 → 愛媛(東予)』、『和歌山 → 徳島』、『兵庫 → 香川(高松)』のフェリー有り。

中国地方

△:『広島 → 愛媛(松山)』の高速フェリー有り。

九州地方

◯:新門司港から長距離フェリー有り

また『大分(臼杵/別府) → 愛媛(八幡浜)』のフェリー有り。大分からの場合は船が一番早いです。所要時間は、約2時間25分(臼杵)、2時間50分(別府)。料金は2450円〜。

沖縄

×:ありません。

フェリーはこんな方にオススメ!

・車・バイク・輪行袋に入れられない自転車(三輪車など)も運べる。

・船旅を楽しめる

・とにもかくにも時間がかかる(暇を持て余す可能性大)

・個室にすると料金は高くなる

長距離フェリーは、船旅をしたいという方や、バイク・自転車(輪行袋に収納できない車両)・自動車を運びたいという方に最もオススメの交通手段です。

フェリーの予約方法

長距離

● オーシャン東九フェリー

『東京 → 徳島』『福岡 → 徳島』間のフェリーはこちら。

短距離

● オレンジフェリー

『大阪 → 愛媛』間のフェリーはこちら。

● skyticketフェリー

『兵庫 → 香川』『大分 → 愛媛』間のフェリーはこちら。

● 南海フェリー

『和歌山 → 徳島』の間フェリーはこちら。

● WILLER

『山口 → 愛媛』間のフェリーはこちら。

高速フェリー

● 瀬戸内海汽船

『広島 → 愛媛』間の高速フェリーはこちら。

私

フェリーの場合、出航30分前には乗船手続きを終えておくのが良いと思います。なお車両もある場合は、出航の1時間前には手続きをする必要があります。

❸高速・夜行バス

高速・夜行バスは、四国行きで最も多くの人が選択する交通手段だと思います。

バスは2列(個室タイプ)、3列(独立タイプ)、4列シートがあります。

バスの所要時間と料金の目安

四国行きのバスの所要時間

時間はかかりますが、長距離バスは必然的に夜行バスとなるため、寝ている間に移動することができます。

出発地 → 目的地料金
仙台 → 東京2400円〜(4列シート)
東京 → 徳島5400円〜(4列シート)
博多 → 徳島6240円〜(3列独立シート)
私

4列シートの場合だと、四国行きの交通手段の中で最安値となります。

お住いの地域ごとのオススメ度

北海道

×:ありません。

東北地方

×:四国への直通便はないため、東京で乗り継ぎとなります。しかしあまりにも時間がかかるため、とても勧められません。

関東地方

◯:夜行バスがあります。個室の2列シートもあり。

中部地方

◯:3列独立シートの夜行バスがあります。名古屋から徳島までは約6時間、5000円〜。

近畿地方

◯:高速バスがあります。大阪から徳島までは約3時間。

中国地方

◯:高速バスがあります。広島から高松までは約3時間15分。

九州地方

◯:3列独立シートの夜行バスがあります。経由地は博多から『松山 → 高知 → 徳島ルート』と『香川 → 高知 → 徳島ルート』の2パターンあります。

沖縄

×:ありません。

高速・夜行バスはこんな方にオススメ!

・夜寝てる間に着くため、時間を有効に使える(夜行バスの場合)

・料金が最も安い(4列シート & 早割の場合)

・昼には運行してない(主に長距離バス)

・長時間座るので疲れる(特に4列シートの場合)

・どこでも眠れる人じゃないとあまり寝れない可能性が高い

夜行バスは、一番安い料金で行きたい方や、早朝に到着したい方移動時間は寝て過ごしたい方に最もオススメの交通手段です。

高速・夜行バスの予約方法

● WILLER

早割があるので、四国行きの一番安いバスをとれるサイト。またカレンダーに料金が表示されるので、最安値の日が一目で分かる。

● 高速バスドットコム

全国160社のバス会社から便を選ぶことができるサイト(早割無し)。

私

夜行バスの場合、発車時刻の15〜20分前到着くらいで大丈夫です。余裕を持って行きたい方は、出発時刻の25分前くらいでしょうか。

❹飛行機

飛行機は四国行き最速の乗り物になります。またお住いの地域によっては、最もスタンダードな移動手段と言えるのではないでしょうか。

飛行機の所要時間と料金の目安

四国行きの飛行機の所要時間

飛行機は他の乗り物に比べ、圧倒的に早いです。

出発地 → 目的地料金
新千歳 → 羽田7960円〜
羽田 → 徳島8990円〜
福岡 → 徳島9900円〜
那覇 → 福岡4880円〜

飛行機は時期により料金が異なります。早割があるので早めに予約をとればお得です(ただしハイシーズンは除く)。

私

安価・速い・移動疲れがないと3拍子揃っているので、早めに予約をとるのであれば一番お得な移動手段だと思います。

お住いの地域ごとのオススメ度

北海道

◎:北海道の方が四国に行く唯一の方法です。直行便はないのですが、『羽田空港』乗り換えで、『徳島』『高松』『松山』『高知』行きの全ての便を利用できます。

東北地方

◎:直行便はないのですが、『羽田』乗り換えで4つの都市へ行く全ての便を利用できます。

関東地方

◎:『羽田』から直行便で4つの都市全ての便を利用できます。『成田空港』からの場合は、『高松』『松山』『高知』の3つ。

現在、東京→成田空港行きのバスはコロナの影響で運休しているため、電車か車で向かう必要があります。

中部地方

◯:場合によっては『羽田』乗り継ぎ。『中部 → 松山』『小牧 → 高知』の直行便有り。

近畿地方

◯:『伊丹/関西 → 松山』『伊丹/関西 → 高知』の直行便有り。

中国地方

×:距離が近いため、なし。

九州地方

◯:『福岡』から『徳島』『松山』『高知』への直行便あり。

沖縄

◎:沖縄の方が四国に行く唯一の方法です。直行便はありませんが、『福岡』乗り換えで『徳島』『松山』『高知』に行く便を利用できます。

飛行機はこんな方にオススメ!

・最も速い

・早めに予約を取れば、料金が安い

・輪行も可能(荷物の合計20kgまでは無料)

・直近やハイシーズンは料金が高め

・飛行機が怖い人は乗れない

飛行機は、数週間前から行く予定が決まっている方や、とにかく早く到着したいという方に最もオススメの交通手段です。

飛行機の予約方法

● ソラハピ

JAL・ANAなど10の航空会社から最安値の航空券を一括検索することができるサイト。国内線のみ。

● エアトリ

JAL・ANAなど14社から最安値の航空券を探すことができる利用者数NO.1サイト。こちらは国際線もあり。

私

飛行機の場合、空港内は広いですし、基本1時間前には空港に到着したほうが良いです。なお搭乗手続きの締め切り時間は、航空会社にもよりますが国内線の場合だと、大体20〜35分前です。

まとめと結論

四国行きの地域別オススメ交通手段
❶新幹線❷フェリー❸高速バス❹飛行機
歩き遍路
自転車遍路×
バイク遍路×××
車遍路×××

お住いの地域にもよりますが、早めに予約が取れるなら飛行機一択

それ以外の場合なら、基本夜行バス。ただし昼に移動するなら新幹線の利用がおすすめです。

私

では気をつけて、行ってらっしゃいませ!

タイトルとURLをコピーしました