歩き遍路用のサブバッグの選び方|チェストバッグ・サコッシュ・ウエストバッグ

遍路でのサブバッグ

遍路中メインで使用するバッグはバックパックですが、構造上、すぐに荷物を取り出すことができません。

そのため、財布や携帯など使用頻度の高いものを入れておくのに最適なバッグが1つあると非常に便利!煩わしさやストレスからも解放され、且つ無駄なエネルギーを使わずに済むます。

スポンサーリンク

私が遍路で使用したサブバッグについて

オスプレーのグラブバッグ
グラブバッグ(オスプレー)

オスプレーの『グラブバッグ』を使用しました。

私

バッグの種類としては『チェストバッグ』の部類ですね。

このようにバックパックに取り付けて使用するタイプのバッグです。

また取り外してもウエストポーチやショルダーバッグのようになるので、単体で使用することも可能です。また価格も安い(当時1810円で購入)のでオススメ!

・・・なのですが、このモデルは現在は生産終了品です。

サブバッグに入れていたもの

遍路でのサブバッグの中身
  • ライター
  • 財布
  • モバイルバッテリー
  • 経本
  • イヤフォン
  • スマートフォン
  • カズー
  • 線香(マーブルチョコのケース)
  • フリーザーバッグ
私

中身はこんな感じです。

確か私の記憶だと、このバッグの容量は0,8ℓだったような気がします。かなり小さめなので、使用頻度の高いものだけを厳選して収納していました。

オススメのサブバッグ3選

昔の遍路では山谷袋さんやぶくろ頭陀袋ずだぶくろが使用されていました。そのため現代でもお遍路さん用の山谷袋はあります。が、正直な所、これを使用するメリットは特にないと思います。デザインも遍路仕様なので遍路が終わったら使い道もないでしょう。

個人的には、カラーやデザインが好みという方以外はお勧めしません。

現代の遍路用サブバッグは、『チェストバッグ』『サコッシュ』『ウエストバッグ 』の三択となります。

❶チェストバッグ

オスプレーのグラブバッグ
メリット

・バックパック自体にくくりつけるので、体に触れるベルト(紐)が増えない。

・バックパック自体にくくりつけるので、あまり体に触れず蒸れにくい。

・チェストバッグとしてだけでなく、サコッシュやウエストバッグ としても使える。

・3点(もしくは4点)で固定しているので、激しく動いても揺れない。

デメリット

・バックパックを下ろす際にアクションが増える。

・単体で使用する場合、その都度バックパックから取り外す必要がある。

PaaGo WORKS PATHFINDER(パスファインダー)

元祖チェストバッグ。日本のアウトドアブランドなので、痒いところに手が届くような作りになっているのが特徴。ポケットの数も多いです。容量は3ℓ

実はこれ、アウトドアライターのホーボージュン氏が歩き遍路をする際に制作したものであり、いうなれば現代版の山谷袋なんです。このモデルは2019年にマイナーチェンジして、現在で3代目となっています。

ジッパーは止水ジップで、生地はテフロン加工による撥水加工が施してあります。

PaaGo WORKS SWING (スイング)

パーゴワークスのもう一つのシンプルなチェストバッグで、マジックテープでの上蓋開閉モデル。縦に長い構造になっているので、中に500mlのペットボトルを収納できます(Lサイズのみ)。

● Lサイズ(2ℓ

● Mサイズ(1,2ℓ

OMM Chest Pod(チェストポッド)

OMMは過酷な山岳レースで使用するギア製品を手掛けるイギリスのメーカー。そのため体にフィットする作りになっています。容量は4ℓ

❷サコッシュ

アライテントのマップサコシュ
メリット

・体に密着しないので、蒸れにくい。

デメリット

・立体構造ではないため、容量が少なめ。

・激しい動きの場合、揺れる。

・体に触れるベルト(紐)が増える。

アライテント マップサコシュ

アライテントのマップサコシュ

こちらはジッパータイプではなく、口が開きっぱなしで生地を折り返して閉じるタイプです。そのため荷物の取り出しが容易に行えます。

アライテントのマップサコシュ

前面はメッシュポケットになっていて小物を収納できます。また余ったショルダーベルト(紐)もここに収納することで、見た目もすっきりと使用することができます。

サイズは、縦19 X 横25cm

WILD THINGS WT-380-0072

軽量・高強度・防水と三拍子揃った特殊素材『X-PAC』を使用したサコッシュ。こちらはジッパータイプとなります。

サイズは、縦21 X 横26cm

❸ウエストバッグ

オスプレーのデイライトウエスト
メリット

・激しい動きでも揺れない。

・密着しているので、肌寒い季節は腹が暖かい。

デメリット

・体に触れるベルト(紐)が増える。

・密着しているので、汗ばむ季節だと腹が蒸れる。

OSPREY デイライトウエスト

デイライトウエストの容量

容量は2ℓ。500mℓのペットボトルが余裕で2本すっぽり入ります。

ウエストバッグのバックル

通常のウエストバッグは、このようにバックルがベルトの中央についているのが普通です。単体で使用する時には問題ないのですが、バックパックを背負った場合はこれが背中に当たり違和感を感じてしまいます。

デイライトウエストのバックル

しかしこのモデルはバックルがサイドについているため、バックパックを背負っても快適に使用することができます。おまけにサイドのバックルの位置までパッドがついていいるので、バックルが直接肌に当たらないような作りになっています。

deuter ベルト Ⅰ&Ⅱ

こちらも同様にバックルがサイドに付いているウエストバッグです。なおこちらは肌への設置面にはパッドは付いておらずシンプルな作りとなっています。

ベルト Ⅰの容量は1,5ℓ

ベルト Ⅱの容量は2,5ℓ

ちなみに主要アウトドアブランドの中でサイドにバックルが備わっているウエストバッグ は、オスプレーとドイターのみとなります。

終わりに

予算とデザイン、そして遍路での使用だけでなく後日日常でも使用することを考えた上で選ぶのが無難だと思います。

 
タイトルとURLをコピーしました