【徒歩配達】ウーバーイーツで散歩❷ 六本木編(全3回)

ウーバーウォーカー六本木編

六本木は、『美術館』と『テレビ局』と『外国人が多い』街というイメージ。

プライベートで数回、ウーバーだと2〜3回くらいしか来たことがない為、飲食店の数や鳴りについてはそこまでよく分からない。

私

とはいえ、それなりに鳴るでしょ!

スポンサーリンク

ウーバーウォーカー六本木稼働

六本木駅

9月10日(金) 天気は晴れ。最高気温30度。

早速鳴ったので、店舗に向かう。

今日はちょっと気温が高いけど、天気が良いため散歩日和と言える。

店員さんに挨拶をした所、今、注文は入っていないとの返答。そんな馬鹿な!

しかし「ひょっとしてミッドタウン店じゃないですか?」の言葉で間違いに気がつく。

私

うう、まるでウーバー配達初心者のようなミスをしてしまった・・・。

スターバックス ミッドタウン店

先ほどの店から100mほど進んだ所にある『スターバックス ミッドタウン店』でピック。

自転車と違って徒歩だと公園をそのまま突っ切れる。こういう所が徒歩配達のメリットか。

【配達完了】

892円 (22分・1.4km・ピーク料金150円)

配達完了後、すぐに鳴ったので次の店へ向かう。

ピック先は六本木駅方面の店だったので、ちょうどよかった。

フィッシュアンドチップスの店とは珍しい。六本木は外国人の多い街だからかな?

今までストラップを首から下げて『駅弁売りスタイル』で配達していたのだが、単純に手で持った方が揺れないということに気がついた。

弁当の類は問題ないが、飲み物に関しては手で直接持った方が良いかも?

【配達完了】

855円 (14分・0.9km・ピーク料金200円)

ピック先の店は、エレベーターで5階にあがった後、そこから階段で6階へ上がるというちょっとわかりにくい場所だったが、店側のメッセージにきちんと詳細説明が書かれていた。

数珠ったが、ちょっと遠いので拒否!

またもや数珠ったが、結構遠い。しかもミッドタウンの中の店舗だ。時間がかかりすぎてお客さんを待たせることになるので拒否!

エレベーター

ドロップ先マンションのエレベーターでウーバー配達員と遭遇したので会話。

私

いつもこの辺りでやってるんですか?

ウーバーさん
ウーバーさん

そうですね〜。六本木とか麻布とかですね。その辺りが鳴るので。

私

そうなんですか。なるほど〜。港区だと赤坂見附とかはたまに行ったりするんですけどね。

ウーバーさん
ウーバーさん

ああ、赤坂も鳴りますよね!この辺だと六本木、麻布、赤坂、この3つが鳴る感じですね〜。

ちなみに彼は今日、自転車配達だったが、徒歩でもたまにやるそうだ。案外徒歩稼働したことがある配達員って多いのかも?

【配達完了】

830円 (13分・0.5km・ピーク料金175円)

お次はバーガーキング。店舗は地下にあるようだ。

私

地下が商店街のようになっていてわかりにくい感じだったらやだな・・・

バーガーキング 六本木店

と、思ったがすぐそこだった。

六本木は平日の昼間でも比較的人が多い。

【配達完了】

719円 (8分・0.3km・ピーク料金175円)

自販機で飲み物を購入。今日は暑い。

そして歩道に面したガードパイプに腰をのせ、ちょいと休憩。

今日はクッション性の高いランニングシューズを履いてきたから、サクサク歩けそう。この靴は1年以上前に散歩用として買ったのだがようやく使用することができた。

ウーバーの配達業務は2020年4月からやっているのだが、私の場合、ウーバー以外でよその街に出かける事はほぼない。なので、私にとってのウーバーは金稼ぎ以外にも息抜き運動目的外出の名目だったりもする。

私

あと運動は脳にもいいらしいですね。

なお配達時は鳴りを聞き逃さない為・・・というより、BGMとしての音楽を聴くため、イヤホンを使用。このサウンドピーツのイヤフォンは周りの音も聞こえるのでなかなか良い。

六本木交差点に到着。

外苑東通りには確かドンキホーテがあったはずなので、そちらの方面に向かうことにする。

ビルの隙間から東京タワーがお目見え。こっちには店はあるのかな?

ハードロックカフェ

ハードロックカフェだ。

行ったことはないが楽しめる店だと聞いたことがある。アーティストのサインや衣装が飾ってあったり、誕生日だと歌を歌ったりしてくれるんだと。

ドンキホーテに到着。でも鳴らないってことはこっち方面には飲食店はあまりないのかもしれない。

とりあえず六本木交差点に戻ることにする。交差点にあるココイチは一度運んだことあるので、鳴らないかな〜と思いながら。

信号待ちをしていたら鳴った。

ピック先は、またもやバーガーキング。

バーガーキングって東京でもそんなに店舗を見かけないからか、結構注文が多いイメージがある。

中野、新宿、池袋、大塚とか。でも高田馬場はあまり鳴らないな・・・。

そしてドロップ先へ。

【配達完了】

648円 (13分・0.9km・ピーク料金125円)

そして再び六本木交差点へ。

この交差点には、待ち合わせ場所として有名な『六本木アマンド』がある 。

氷室京介が布袋寅泰を呼び出し、BOØWYを結成したのはこの店だ。

布袋は呼び出しに対し、なんかやっちゃったのかな、ボコられるんじゃないだろうかと思ったそうだが、地元にいた頃は硬派で鳴らしていた氷室がうっすら化粧をしてあらわれたので大層驚いたそうな。

ある程度把握したミッドタウン方面に行く方が良いのか?

それとも消えかけたシミを追いかけたほうがいいのか?

私

やっぱりシミかな。

と、思ったが、踵を返し、結局ミッドタウンまで来た。でも鳴らない。うーん、どうしよう。

そんなことを考えていたら鳴った・・・が、安い!少々悩んだが、取ることにした。

私

弁当2つに単品2つというバッグに入るかどうか微妙なラインの量の注文だが、おそらく大丈夫だろう。

大戸屋

実際、弁当はギリギリ収納できた・・・が、飲み物の存在を見落としていた。

悩んだ結果、サイドポケットに収納。これは申し訳ないと思いつつ、急いで配達!

配達する商品ってのは以下のように、『商品は大きめな強調文字』、『小文字はその商品の詳細』が表示されるのが普通なのだが・・・

【弁当サバの塩焼き

ご飯少なめ/五穀米

【弁当】豚の生姜焼き

ご飯多め/玄米

今回の大戸屋の場合は、まさかの小文字の部分に飲み物が書いてあったのだ(通常の飲食店の場合、飲み物は商品なので大文字表記されている)。

正直、商品を渡された後にキャンセルってのはしづらいのだが、次からは絶対にキャンセルしよう。

【配達完了】

433円 (11分・1.2km)

私

しかも距離は0,4kmじゃなかった!(1,2kmでもなかったけど)

この配達が終わったところで10000歩に達した。

少し予定よりも早いが、シミも消えたので、ウーバー稼働はこれにて終了。

本日の稼ぎは・・・・

オンライン時間11:30〜13:47
(2時間17分)
配達件数6件
時給1916円

しかし相変わらず配達報酬の金額の上下(時間と距離の目安も含む)については全然分からない・・・。

以前は1km辺りいくらというような距離に応じた配達報酬だったのだが、現在は廃止、そしてブラックボックス可。極端な話、ウーバー側(AI)が好きなように報酬金額を設定できるようになった。一応、報酬の内訳を見ることは可能。

ただその代わりに配達前に配達報酬や距離、時間が表示されるシステムに変わった

なお店舗での商品待ちや複雑な場所への配達等、通常より配達時間がかかった場合は配達調整金が加算される。

今日みかけたウーバーの配達員は7〜8人ほどと少なかった為、ちょっと単価が高かったのかも?

六本木散歩

ここからは自由時間。本日の目的地であるとある場所へ向かう。

ホテル『リッツ・カールトン』の正面入り口を抜けた先には・・・

檜町公園。

その公園内にある・・・

美術館『21_21 DESIGN SIGHTギャラリー』に到着。

現在、21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3で『横尾忠則:The Artists』展が開催されているのだ。

なお料金は無料。

入場制限はあるが、ここは今時珍しく予約なしで入れる。

ちなみにお隣のギャラリー1&2で開催されている企画展は完全予約制だ。

ズラーっと並ぶ、アーティストの肖像画。その数139点。

宮島達夫

肖像画なのでそのまんま(写実的)なものが多いが、中にはかなり崩したものもあった。

公園ではベンチに腰掛けてぼんやり日向ぼっこをしている方も複数見受けられた。

近年のフルーツ大福ブームの火付け役である創業令和元年の『弁財天』を発見。

元々は名古屋の店らしいが、最近は東京にも複数店舗があるみたいだ。これは一度食べたことがあるが、高い・・・けど美味い。

六本木駅

六本木駅に到着。

今日のウーバー散歩は、2時間43分、9.61km(駅→駅)。

私

ちょっともも裏が痛いな。

遍路に行った時は連日20〜40km歩いていたけれど、今考えりゃよく歩けたもんだと当時の自分に感心する。

運動前、運動後、就寝前にはBCAAのサプリを摂取!ちなみにこれが一番コスパが良い。

ON BCAA 1000 200粒カプセル 海外直送品
オプティマムニュートリション(Optimum Nutrition)
説明文を入力してください

タイトルとURLをコピーしました